ネイリストになるには【トップページ】 >  ネイリストの適性                  2015.07.20更新

適性、アリ?ナシ?

 まとめ
ネイルが好き なのがイチバン
ネイ ルが好きであれば努力でなんとかなる


ネイリストの適性

 すべてのネイリストが活躍を続けているわけではありません。ではどんなひとがネイリストに適しているのでしょうか?

ネイルの施術

●ネイルが好き
・これが一番大事でしょう。「ネイル愛」はネイリストにとって原動力です。ネイリストは技術職なので練習を繰り返し、努力をし続けなければプロではありま せん。ネイル愛がなければ苦痛となってしまいます。

●手先が器用である
・爪という小さなキャンバスに絵を描いたり、1ミリのストーンを美しく並べるなど細かい作業の連続です。

●ひとを喜ばせるのが好き
・ネイリストはお客さんに喜んでいただくのが仕事です。ひとの笑顔を見るのが大すきなタイプはネイリストに向いています。

●美的センスがある
・美しいデザインを考えたり、お客様のリクエストに応じた絵柄を描いたりとネイリストは美的センスを問われる仕事です。色彩感覚に優れていることも適性の ひとつです。

●社交的である
・初対面のひとともスムーズに話せる。世代の異なるひとやライフスタイルが異なるひとと会話しても気まずくならない。苦手なひとや嫌いなひとが少ない。こ んなひとはネイリストに向いています。

*上に書いた適性がなければネイリストをあきらめたほうが良いので しょうか?いえいえ、「ネイルが好き」であれば努力でなんとかカバーできます。